季節のお届けもの。


自然が身近にある暮らしをしていると、季節ごとに色々なお届けものがやってきます。

寒い冬が終わって、あたたかくなってきたなぁと思うと、ふきのとうがたくさん芽を出し始め、アッという間に大きくなってしまったなぁと思っていたら、次はこの子たちがやってきました。

57364816_2381216771924642_6725737907283296256_n

春と言ったら、やっぱりタケノコ。お隣の大多喜町は、タケノコの産地ということもあって、今の季節あちこちの直売所で見かけるようになりました。

星空の家の裏山にもたくさんの竹が生えているので、もちろん、毎年タケノコ掘りをします。
手入れが行き届いておらず、陽の光が十分に入らないのであまりいい状態のものは多くないけれど。それでも、楽しい。

そういえば、大多喜町にあるタケノコ農家さんのタケノコ畑は、ほんとうにすごかった。
きれいに並んだ竹林。そして土もふかふか。本当においしいタケノコは、やっぱりその分手間をかけているものなんですね。

そんな農家さんのタケノコの足元にも及ばないけれど、それでも、ちょうどいいのが見つかって、自分で掘ってアクを抜いていただくタケノコはおいしいものです。

古民家シェアハウス星空の家 新住人募集中!