環境省「持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修」視察受入れをしました。


先日、環境省の研修会の受入れをしました。

環境省では、地域循環共生圏の形成と各地域におけるSDGsの達成を目指して主体的に地域課題解決に取り組む次世代リーダー養成のための研修を開催しており、
今回「第1回 持続可能な地域の未来づくりに向けたSDGsリーダー研修」がいすみ市で開催されました。
(第2回は、滋賀県東近江市、第3回は、福岡県久留米市・うきは市で開催)

2泊3日の研修で、市内の様々な場所、方々を訪問し、学ぶ研修なのですが、今回、いつもお世話になっている市役所の方からご相談をいただき、2日目の「人とのつながり」をテーマにしたグループ視察の受入れをしました。

北は北海道、南は長崎県と遠方から参加された方も多く、また自治体関係者の方から企業の方と、本当に幅広い方々が参加されていました。

今回は「人とのつながり」ということで、主にコミュニティづくりについてのお話。
シェアハウスと図書館のことを中心に、移住者が地域の方とどのように関係性をつくっていったかなどをお話させていただきました。

このグループでは、この後、創造系不動産の高橋さんと「小商いで自由に暮らす」著者の磯木さん、green+で昼食をとり、お話を聞く予定だったそうで、
「皆さんには、いつもお世話になってます」とお話するとその場にいた皆さんに驚かれたことに、私は逆にビックリして今いました。

ここで暮らす私たちにとっては、すっかり当たり前のことなのだけど、大体の人とは「友達の友達」という範囲でつながっていることが多い。
何か困ったことがあると、「それならば、●●さんに聞いてみればいいんじゃない?」と、何かしらの形で次につながっていく。
次の行動が見えることで動きやすく、そこから新たなつながりが生まれてコミュニティができていく。
それが、無理なく自然に生まれていっていることが、ここいすみに魅力の一つなのかなと思います。

とても短い時間だったので、十分なお話もできませんでしたが、皆さんの今後の役立つことがあればうれしいです。
あ、もし、お話聞き足りない、ということがあれば出張でお話もしますので(もちろん、来ていただくのも大歓迎です)お気軽にお声がけくださいね。

※今回の研修の様子は、こちらでも報告されています。「SDGs Leader」

*********

星空の家では、様々な視察・研修の受入れをしています。また出張講演も致します。

過去の実績などは、こちらから

人数、内容などまずは、お気軽にご相談ください。
(現在、事前連絡のない視察の受入れはお断りしております)

古民家シェアハウス星空の家 新住人募集中!