がんばれ!カエルさん。


すっかり梅雨になりました。雨の日が続く中、よく見かけるようになったカエルさん。

P1010533

夜、家に戻ってくると、玄関の扉には何匹ものカエルさんがぺたっと引き戸に張り付いていることもしばしば。
同じカエルでも大小さまざまで、よくよく見てみると結構かわいかったりします。
特にちびっこカエル君は、とてもかわいいのです。都会を離れてこっちにきてから目にする機会が増えたこともあり、すっかりカエルが好きになりました。

でも、実のところ触るのは今も苦手。うっかり家の中に入ってきて、ぴょんぴょんしているカエルを見つけても捕まえて逃がしてあげることもできないのです。見るのと触るのとでは違うものなんです、とできない自分の言い訳ですね。

夜、玄関にたくさんいるカエルのお目当ては、照明に引き寄せられてやってくる虫たち。そんな虫さんたちを食べようと、カエルさん達はじっと一瞬のスキを狙っています。そんなカエルたちを目当てに蛇もやってくるからびっくり!以前、玄関前にとぐろを巻いているマムシがいた時は驚いたなぁ。みんな、今日のごはんを捕まえるために必死なんですね。家に入る前に予想外の障害物に出会ってしまって大騒ぎでした。

雨の日の夜のドライブもカエルさん達にたくさん遭遇します。
田んぼに近い道を走っていると、道路に何やらつぶつぶしたものがあることに気が付きます。時折飛び跳ねたりしている。そう、それがカエルさんなのです。よけて走るにも数が多いのと小さすぎることでどうしようもない。「ごめんなさいー」と心の中で叫びならがいつも運転しています。

もちろん、岩のように大きなカエルさんに出会った時にはよけますよ。というか、よけた方がいいですね。一度だけウシガエルをひいてしまったことがあって大変でした。

そんなこんなで、翌日の道路はカエルさんが大変なことになっているんだろうといつも思うのですが、知らぬ間にカラスたちがいつもきれいに掃除をしてくれているそうです。自然の循環ってすごい。

どんなにいいお天気の日でもカエルが鳴きだすと雨が降り出すから不思議。雲の動きと風の冷たさとカエルの鳴き声で天気が感覚でなんとなくわかるようになってくるのはいなか暮らしならではかもしれません。

カエルさんたちの鳴き声にもリズムがあるようで、一斉に鳴きだしたかと思えばピタッとやみ、また鳴きだすの繰り返し。いつも不思議です。そんな不思議がいっぱいのカエルさん。これからの季節、しばらくは長い付き合いになりそうですね。

窓にいたこの小さなカエルさんもがんばって生きてほしいな。

P1010532