「同じ釜の飯を食う」仲間。さんまの会。


すっかり秋になりました。秋といえば秋刀魚。みなさんはさんま食べましたか?今年は天候のせいか、さんまが不漁のようで、あまり見かけなかったのですが、ようやく近くのスーパーでも見かけるようになりましたよ。

先日、星空スペースにて、さんまを食べる会を開催しました。

P1010665

友人達に声をかけ、シェアハウスで暮らす住人も参加し、秋の夜を楽しみました。
炭で焼くさんま、とってもおいしかった!そして、来てくれた人どおし、ゆっくりお話もできたみたいでよかった!

星空の家がはじまった当初は、週に1度は、こうやって友達が友達を呼ぶごはん会を開催していたのだけれど、それぞれ仕事が忙しかったり、時間がうまくつくれなくなってしまい、しばらくお休みしていまいた。気がつくと、住人さん含め、「はじめまして」の方が出会う機会も減ってしまっていたような気がします。

これから移住をしたい人向けのイベントは多いけれど、すでに移住をして、これからここで何かをはじめたい人が集う機会が少ないなぁと思ったのも、今回企画した一つの理由。
改まった時間をつくるのは、お互いに気をつかってしまうけれど、ごはん会ならば少し気楽に参加できるかな。人数があまり多すぎても、ひとりひとりとお話ができなくなってしまうので、お店のキャパを考えても10人前後がちょうどいいかな。今回開催してみて、様子を見てみて、こんな機会を増やしていけたらいいなと思いました。

シェアハウス、図書館、カフェには日々いろんな人が来てくれて、出会いの数だけ「あの人とこの人が出会ったらきっと話が合うだろうな」と思うことがたくさん。ごはん会では、紹介したい人、繋ぎたい人が出会える場にできたらとも考えています。

今回も、ゲストハウスをされている方、マッサージをされている方、野菜つくっている方、チーズ職人などなど、いろんな仕事をしている人がきて、サーフィンが好き、共通の知人がいた!など、お話が盛り上がっていましたよ。

P1010661

肩肘張らず、自然体で「はじめまして」を楽しめると、きっとこれからもつながっていけるんじゃないかなと思います。

食卓を囲むっていいものですね。「同じ釜の飯を食う」仲間がこれからも増えていくといいな。

P1010663